• Photo

猪の温燻

秋が深まり、獣たちも冬に備えてぞろぞろと……。

秋から冬の入りのフレンチと言えば、野禽料理――ジビエ。

本日は、懇意にしている農家の方から、猪を頂き、早速調理をいたしました。
猪の肉にハーブをちらし、煙の中で燻して……猪の燻製の出来上がりです。

食べ慣れている家禽とは一線を画す、濃く、野趣深い味はこの時期ならではの味わいです。
皆様もぜひ、召し上がってみてください。
 
  • Photo

秋の夜長 大人の時間

暑かった時期が終わり、気が付くと肌寒い風が吹くようになったこの頃。

日が暮れるのも、いつの間にか早くなり、その分、夜が長く、穏やかな時期になりました。

本日は秋の夜長にしみじみと味わいたい、食後酒のご案内でございます。

「食前酒は良く聞くけど、食後酒はあまり知らない」、という方が多くいらっしゃいますが、当館では食後に皆様におすすめしている定番のアイテム。
少量の強いアルコールが胃を刺激し、消化を助けるという役目と、深い味わいや甘い味わいで食後の余韻を楽しむという役割がございます。
そのため、食後酒は食前、食中に飲まない、ブランデーなどといった酒精が強めの蒸留酒、甘めのリキュール、デザートワインなどが主になってきます。
酔っ払う事が目的ではないので、量はほんの少し。だけど、奥行きのある味わいが食後の余韻を引き立てます。

現在、当館ではおすすめの物を、皆様の下へ。持ちきれなかったコアなお酒や、リクエストのあったお酒はバーにてお出ししております。
こういった機会でないと、あまり飲むことのないお酒。これらを味わうのもまたフレンチの楽しみの一つでございます。
是非機会がございましたら、スタッフまでお気軽にお尋ねくださいませ。

 

すべての記事を見る